PR
軽くてコードレスなので、持ち運びしやすい(資料:工機ホールディングス)
軽くてコードレスなので、持ち運びしやすい(資料:工機ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]
使用イメージ(資料:工機ホールディングス)
使用イメージ(資料:工機ホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 工機ホールディングスは、最大切断寸法が八寸(245mm)で左右両傾斜の切断が可能な165mmの丸のこ「コードレス卓上スライド丸のこ C3606DRB」を2020年3月に発売した。

 スライド機能を備えた卓上丸のこで、高精度な傾斜切断や薄切りなど様々な木材加工が可能だ。通常は190mmの丸のこを使用する五寸笠木も45度傾斜切断ができる。両傾斜なので材料を反転させる必要がなく、作業効率が向上する。

 重さは10.5kg。コードレスなので持ち運びしやすい。大容量で高出力な同社のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」を搭載しており、AC100Vの電動工具並みの切断性能を備える。

 価格(税別)は、14万2500円(マルチボルト蓄電池、急速充電器付き)。

問い合わせ先:工機ホールディングス
電話:0120-20-8822
URL:https://www.koki-holdings.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード