PR
耐風圧性能を従来の1.5倍に高めた(資料:LIXIL)
耐風圧性能を従来の1.5倍に高めた(資料:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXILは大型な台風の最大風速にも対応できる、耐風圧性能1200Paの「シャッター 標準タイプ」を2020年7月に発売した。

 暴風から住宅を守るには、シャッターや雨戸などを設置して窓の安全性を高めることが大切だ。風で吹き飛ばされたものがぶつかって窓ガラスが割れると、ダメージが大きくなる。

 シャッター 標準タイプは、従来品の耐風圧性能800Paを1.5倍の1200Paに高めた。飛来物衝突試験C相当を実現。公的機関で行った試験で、強風で飛来物(2kgの木材・時速44km相当)が衝突しても、窓ガラスが割れるのを防ぐという結果を確認している。

 参考価格(税別)は「サーモスLシャッター付引き違い窓」で、シャッターが幅1690mm×高さ2030mmの場合、手動タイプが14万4600円、電動タイプが21万4600円(ガラス代、網戸代、取り付け費、運賃等は別)。

問い合わせ先:LIXIL
電話:0120-376-839
URL:https://www.lixil.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード