PR
左がシグナルレッドLサイズ、右がペールグリーンMサイズ(資料:カツデンアーキテック)
左がシグナルレッドLサイズ、右がペールグリーンMサイズ(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]
壁に取り付けてトレーニングに使う(資料:カツデンアーキテック)
壁に取り付けてトレーニングに使う(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]
グリップ部は手が滑りにくくなる加工をしている(資料:カツデンアーキテック)
グリップ部は手が滑りにくくなる加工をしている(資料:カツデンアーキテック)
[画像のクリックで拡大表示]

 カツデンアーキテックは、室内の壁に取り付けて遊具や運動器具として使えるアスレチックシリーズに「CUBE」を新たにラインアップし、2020年7月に発売した。

 パイプは立方体のデザインで、間柱などの構造材に固定できる。壁に取り付けて、けんすいや腹筋といったトレーニング用のバーとして使用する。複数個を設置すれば、うんていやボルダリングのような使い方もできる。グリップ部には、手が滑りにくくする加工を施した。

 もともとは、子どもの室内遊び用として開発したアスレチックシリーズだ。だが新型コロナウイルス感染拡大防止のため、家にいることを求められる中、大人でも自宅で全身運動ができるように「CUBE」を追加した。

 耐荷重は200kg。サイズは、L(480mm×500mm)とM(328mm×350mm)の2種類。カラーは、シグナルレッドやペールグリーン、パステルブルーなど10色をそろえた。

 価格(税別)は、Lが3万6000円、Mが3万3000円。

問い合わせ先:カツデンアーキテック
電話:03-5812-2295
URL:https://kdat.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード