PR
DI窓の断面図。中間層に外気が流れ、室内に取り込まれる(資料:三協立山)
DI窓の断面図。中間層に外気が流れ、室内に取り込まれる(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]
内窓の上枠にある換気口から、室温に近い温度の空気が屋内に流れ込む(資料:三協立山)
内窓の上枠にある換気口から、室温に近い温度の空気が屋内に流れ込む(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]
施工例(資料:三協立山)
施工例(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]

 三協立山は、換気しながら快適な室温を保てる、超高層マンション対応の二重窓「DI窓(ダイナミックインシュレーション窓)」を2021年2月に発売した。

 DI窓は、換気機能を持つ、アルミ製の外窓と樹脂製の内窓で構成する。外窓から取り入れた空気が二重窓の中間層で室温に近い温度になり、内窓の上枠にある換気口から室内に流れ込む。冬は室温の低下を抑え、夏は外から入る熱を和らげて、快適な室内温度を保ちながら換気ができる。

 換気口を開けた状態で、JIS最高ランクS-7を超える耐風圧強度を確保する。水密性能もJIS最高ランクW-5を超える性能を確保し、高さが200m級のタワーマンションにも設置できる。

 価格は要問い合わせ。

問い合わせ先:三協立山
電話:0766-20-2201
URL:https://www.st-grp.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード