PR
混雑状況を赤、黄、緑の表示灯で知らせる(資料:オプテックス)
混雑状況を赤、黄、緑の表示灯で知らせる(資料:オプテックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 オプテックスは、店舗や施設の入退場者数をカウントし、混雑状況を表示灯で知らせるセンサー「密アラート」を2021年4月に発売した。

 出入り口に設置すると、赤外線センサーが入場者と退場者の通過を検知してカウントする。施設内の人数が設定した値を超えると、表示灯の色が緑色(通常)から黄色(混雑)、赤色(大混雑)へと切り替わる。人数が減ると赤から黄、緑に戻る。施設内の滞在人数は、本体の背面にあるカウンターでリアルタイムに確認できる。

 設置工事は不要。本体を出入り口付近に置き、ACアダプターをコンセントに接続するだけで使える。施設内に入らなくても混雑度を視覚的に確認できるので、人手をかけずに3密対策を行うことも可能だ。

 センサーの検知範囲は約1.3m。屋内設置用。

 価格はオープン。

問い合わせ先:オプテックス
電話:077-579-8004
URL:https://www.optex.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード