PR
ガラス引き戸を備えた構造になっている(資料:タカショー)
ガラス引き戸を備えた構造になっている(資料:タカショー)
[画像のクリックで拡大表示]
在宅勤務や趣味の部屋などに使える(資料:タカショー)
在宅勤務や趣味の部屋などに使える(資料:タカショー)
[画像のクリックで拡大表示]

 タカショーは、庭に「離れ」として設置できるボックス「庭ハウス」を2021年4月に発売した。

 ガラス引き戸を備えたスチール製の構造で、庭に独立した空間をつくれる。間口3000mm×奥行き3000mmの「W30×D30タイプ」と、間口6100mm×奥行き3000mmの「W61×D30タイプ」の2つのサイズを用意している。

 左右側面の壁面とフレームには、化粧ボードのエバーアートボードを標準装備する。外壁はオーガンウッドナチュラル、ブラックエボニーなど木目調の6色から選択する。フレームはマットブラックか、マットホワイト。

 オプションで、夏の日差しを遮るバイザー(ひさし)を取り付けられる。壁や天井、床などの内装材は、商品に含まない。

 価格(税別)は、W30×D30タイプが208万円、W61×D30タイプが298万円(工事費、取り付け費、運賃などは別)。

問い合わせ先:タカショー
電話:073-482-4128
URL:https://takasho.co.jp

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード