PR
角部の曲面が風騒音を抑える(資料:三協立山)
角部の曲面が風騒音を抑える(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]

 三協立山は、外装ルーバーのシリーズ「タワースクリーン」に、風騒音を抑える格子タイプの「TSRシリーズ 風騒音対策型」を新たに加え、2021年8月に発売した。

 風が吹き込む角度や強さなど、風による騒音が起こるメカニズムを研究し、それを抑えるルーバー形状を開発した。角部に設けた曲面が、ルーバー前方からの風による騒音の発生を抑制する。裏面にオプションの目板を付けると、後方からの風による騒音も低減できる。

 材質はアルミニウム合金押し出し形材。見付け・見込み寸法が異なる6種類をラインアップしている。縦張りと横張りを自由に選べ、他のタワースクリーンの全シリーズと組み合わせが可能だ。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:三協立山
電話:0766-20-2228
URL:https://www.st-grp.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード