PR
施工イメージ(資料:立川ブラインド工業)
施工イメージ(資料:立川ブラインド工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 立川ブラインド工業は、ハニカム(蜂の巣)構造の生地とレースを上下に組み合わせて、室内に入る光の量を調節できるハニカムスクリーン「ブレア ペア」を2022年5月に発売した。

 ハニカム生地には空気層があり、窓用スクリーンとして使用すると、窓辺の断熱性を高めて冷暖房効果が向上する。ブレア ペアは1台にハニカム生地のドレープと、レースのプリーツを配したスクリーンだ。

 2枚の生地の開け具合を調整し、レース部分の分量を変えて調光とプライバシーの確保ができる。上部だけをレースにして光を採り込んだり、全面をドレープにして外からの視線を遮りながら断熱性を高めるなど、状況に合わせた使い方が可能だ。

 参考本体価格(税別)は、幅180cm×高さ180cm、コード操作で、ドレープ生地がメライト、レース生地がエテルノの場合、11万4200円。

問い合わせ先:立川ブラインド工業
電話:0120-937-958
URL:https://www.blind.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード