PR
3M Xtract キュービトロンII ネットディスク710W(資料:スリーエム ジャパン)
3M Xtract キュービトロンII ネットディスク710W(資料:スリーエム ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
3M Xtract ネットディスク310W(資料:スリーエム ジャパン)
3M Xtract ネットディスク310W(資料:スリーエム ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]
下地処理など凹凸が少なく、広い面積のサンディングに適している(資料:スリーエム ジャパン)
下地処理など凹凸が少なく、広い面積のサンディングに適している(資料:スリーエム ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 スリーエム ジャパンは、メッシュ基材を用いた研磨用のサンディングディスク「3M Xtract キュービトロンII ネットディスク710W」と「3M Xtract ネットディスク310W」を2022年7月に発売した。板金塗装の下地処理や複合材料の成型下地処理、木工の下地処理など、凹凸が少なく広い面積のサンディングに適する。

 1粒1粒を鋭く三角形に成型した独自の精密成型セラミック砥粒(とりゅう)を、メッシュ基材の表面に塗布した。メッシュ基材は粉じんを取り込める網目構造になっており、粉じんを周囲にあまり出さず作業できる。

 ネットディスク710Wは、しなやかなメッシュ基材の表面に特徴的なパターンで研磨砥材を厚く塗布している。研磨性能を長時間維持できるので、広く平らな面のサンディングに有効だ。

 一方、同310Wは、耐久性があるメッシュ基材を使用。用途が広く、金属表面の軽い傷取りや仕上げなどにも利用可能だ。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:スリーエム ジャパン
電話:0570-011-211
URL:https://www.3mcompany.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード