PR
新色のドライオークで、フラットタイプのデザインのドア(資料:三協立山)
新色のドライオークで、フラットタイプのデザインのドア(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]
新色のホットブラックで、採光タイプのデザインのドア(資料:三協立山)
新色のホットブラックで、採光タイプのデザインのドア(資料:三協立山)
[画像のクリックで拡大表示]

 三協立山は、スマートフォンで施解錠できるキーシステムを採用した住宅ドア「アパートドア AX II」を2022年7月に発売した。

 専用アプリをスマホにダウンロードするだけで、入居者のスマホを鍵として利用できる。自動施錠の設定も可能だ。「ドア開閉センサー」で扉が閉まる動きを感知し、自動的に施錠する。そのため、扉の閉め忘れがなくなる。

 暗証番号を入力するテンキーや、カードをかざす方式も選択できる。

 これまでのアパートドア AX IIのラインアップに、新デザインを6種類、新色を3色加えて、全15デザインと15色に拡充した。また、耐風圧性能はS-2等級からS-3等級にアップし、木造3階建てのアパートまで対応可能になった。

 価格は、要問い合わせ。

問い合わせ先:三協立山
電話:0120-53-7899
URL:https://www.st-grp.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード