PR
使用イメージ(資料:日建設計)
使用イメージ(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]
使用イメージ(資料:日建設計)
使用イメージ(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]
連結して使うこともできる(資料:日建設計)
連結して使うこともできる(資料:日建設計)
[画像のクリックで拡大表示]

 日建設計と三進金属工業は、1畳サイズの小さな空間を簡単につくれる木質ユニット「どこでもつな木キット」を2022年7月に発売した。

 つな木は、45mm角の木材と、クランプと呼ばれる接合部材で簡単に組み立てられる木質ユニットだ。日建設計の木質・木造の研究開発チーム「Nikken Wood Lab」が企画・プロデュースし、三進金属工業が製造・販売している。

 シリーズ第2弾となる「どこでもつな木キット」はワークブースやポップアップショップなど、1畳程度の小型ユニットを簡単に組み立てられる。複数台を連結することも可能。キャスター付きなので、移動も容易だ。

 価格(税込み)は、15万7300円から。

問い合わせ先:三進金属工業(販売)
電話:03-3669-0800
URL:https://tsunagi-wood.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード