PR
床面にフラットに納まる(資料:城東テクノ)
床面にフラットに納まる(資料:城東テクノ)
[画像のクリックで拡大表示]
出し入れの手間がなく、日常的に使用できる(資料:城東テクノ)
出し入れの手間がなく、日常的に使用できる(資料:城東テクノ)
[画像のクリックで拡大表示]

 城東テクノは、高気密型床下点検口と体組成計を一体化した「NORNE(ノルネ)」を2022年9月に発売した。体組成計メーカーのタニタと共同開発した。

 木造住宅に取り付ける床下点検口に、体組成計を埋め込んだ。床面とフラットに体組成計を納めている。体重や体脂肪率、筋肉量など10項目を計測できる。

 体組成計は出し入れが面倒で、床に置きっぱなしにすると邪魔になるとの声が利用者から挙がっていた。そこで洗面所などの生活動線上の床に設置すれば、日常生活の中で無理なく使えると考え、製品化した。

 床の一部としても使える耐久性が高い体組成計をタニタが開発。荷重を面で支える構造をした高気密型の床下点検口と組み合わせることで、正確な計測を可能にした。

 価格はオープン。

問い合わせ先:城東テクノ
電話:0120-106011
URL:https://www.joto.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード