PR
樹脂障子とアルミ樹脂複合枠を組み合わせた(資料:YKK AP)
樹脂障子とアルミ樹脂複合枠を組み合わせた(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]
施工イメージ(資料:YKK AP)
施工イメージ(資料:YKK AP)
[画像のクリックで拡大表示]

 YKK APは、樹脂窓にアルミ樹脂複合枠を組み合わせた大開口の住宅用樹脂窓「APW 331」ハイブリッドスライディングを2022年10月に発売した。

 この製品は障子に樹脂、枠にアルミ樹脂複合を採用したハイブリッド構造の樹脂窓だ。枠のノックダウン供給(組み立て前の部材で出荷する供給形態)が可能になり、施工現場への運搬や搬入が容易になった。幅3510mm×高さ2430mmといった大開口窓を住宅で実現しやすい。

 ガラスは、Low-E複層ガラスや真空トリプルガラスなどから選択できる。ガラスの種類によって、断熱等性能等級の6または7に対応する。

 希望小売価格(税別)は、幅3510mm×高さ2430mmの引き違いテラス戸(Low-E複層ガラス・アルゴンガスなし・アルミスペーサー・内外観が共にホワイトの場合)が、46万8800円。

問い合わせ先:YKK AP
電話:0120-20-4134
URL:https://www.ykkap.co.jp/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード