PR
ロールエンボス加工のマツナミ(出所:菊川工業)
ロールエンボス加工のマツナミ(出所:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]
パンチング加工のサークル(出所:菊川工業)
パンチング加工のサークル(出所:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]
施工イメージ(出所:菊川工業)
施工イメージ(出所:菊川工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 菊川工業は、鋳物のような重厚感をアルミの薄板で実現した金属パネル「ラフトーンメタル」に標準パターンを設定し、2022年11月に販売を開始した。

 軽くて加工しやすい厚さ2mmのアルミパネルで、立体感のあるテクスチャーを表現している。自然な風合いを重視したロールエンボス加工と、均一な模様で構成するパンチング加工がある。

 マツナミやサークルなど9種類のテクスチャーと、シルバーやサンド(砂壁風塗装)、ラスト(鉄さび風塗装)など6種類の仕上げをラインアップ。基準のパネル寸法は、880mm×1780mm。少量生産や役物加工にも対応可能だ。

 販売価格(税込み)は、3万1460円/m2(30m2以上の場合)。

問い合わせ先:菊川工業
電話:047-492-2014
URL:https://www.kikukawa.com/

※無料で本資料の全文をご覧いただけます

詳細資料をダウンロード