PR

 「日本は糸(炭素繊維)は強いが、量産性に優れる炭素繊維強化樹脂(CFRP)の成形技術、特に大物部品の成形技術で欧州の後塵を拝している」(名古屋大学ナショナルコンポジットセンター特任准教授の日下髙至氏)。こうした課題から誕生したのが、炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)を使った自動車用シャシーである)。国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と新構造材料技術研究組合(ISMA)の組合員である名古屋大学ナショナルコンポジットセンター(NCC、以下NCC)が開発した。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)