全2664文字

 2030年に国内1兆円市場が期待される新材料、それがセルロースナノファイバー(CNF)だ。日本発の「夢の新素材」とも呼ばれ、技術系メディアだけではなく一般メディアでもしばしば取り上げられている。今、最も注目度の高い究極の「グリーン材料」である。植物由来の材料のため枯渇の心配がない上に、環境負荷が低い。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い