全3245文字

 環境規制の強化を背景に、2018年以降、多くの自動車メーカーが電気自動車(EV)の市場投入を加速させている。代表的な自動車メーカーの計画だけでも、18~22年までに70車種を超える勢い。EV激戦時代の到来は間違いなく、EVの差異化が今後ますます重要になりそうだ。そこで、EVの差異化に向けて重要な役割を担うとみられる熱管理システムのトレンドについて、フランス・ヴァレオ(Valeo)の日本法人であるヴァレオジャパンでアジアリージョンサーマルシステム開発部開発部門長を務める能瀬敏光氏に聞いた。

ヴァレオジャパンのアジアリージョンサーマルシステム開発部開発部門長の能瀬敏光氏
ヴァレオジャパンのアジアリージョンサーマルシステム開発部開発部門長の能瀬敏光氏
(写真:編集部)
[画像のクリックで拡大表示]

EVの熱管理システムは、EVの差異化に向けて重要な役割を担っている技術の1つと思う。電池の性能を最大限引き出せるようにすることで、EVの航続距離を延長したり電池の搭載容量を絞ってコストを抑制したりできる。また、電池を適正な状態で使うことで、電池の寿命も延ばせる。Valeoでは、この点についてどう見ているのか。

 EVの時代は、電池をどうケアするかということが非常に大事になってきている。EVの航続距離の延長に対してもそうだが、急加速や高速走行でたくさんモーターを回しているときには電池を冷やしてあげなければならない。そうした大出力を出すためとか、電池の寿命を長くするためにも電池の熱管理が重要である。さらに、冬場の電力消費は非常に大きいので、電費を改善するという側面から、電池だけでなく車両全体の熱管理も重要と考えている。

 電池の熱管理の重要性でもう1つ関連してくるのが、急速充電に対する顧客のニーズである。内燃機関(ICE)車と違って、EVはエネルギー補給(充電)に時間がかかることが課題とされてきた。急速充電は、電池の発熱が増大するため、電池の冷却がカギを握る。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い