全2446文字


 SUBARU(スバル)が誇る運転支援システム「アイサイト(EyeSight)」。世界で初めてステレオカメラによる衝突被害軽減ブレーキを実現した。同システムの誕生に当初から携わってきたのが同社技術本部技監の樋渡穣氏だ。その曲折を振り返り、アイサイトに込めた安全への思いを語った。(聞き手は石橋拓馬、中山 力)

SUBARU技術本部技監の樋渡穣氏
SUBARU技術本部技監の樋渡穣氏
(写真:栗原克己)
[画像のクリックで拡大表示]

 アイサイトに使うカメラ技術の「ステレオ法」は、いわゆる三角測量法と同じ原理です。もともとは安全技術としてではなく、エンジンの燃焼状態を計測する技術として開発しました。始まりは1989年まで遡ります。

エンジンの燃焼計測がルーツ

 エンジンで燃焼するガソリンと空気は、複雑な3次元運動をします。その立体的な動きを可視化できれば、燃費などを高い精度で検討できるようになります。そこで何とか3次元で観察できないかと考えて、目を付けたのがステレオ法でした。

 ステレオ法による燃焼の可視化を実現するために、画像処理用の電子回路を開発しました。これが非常によいもので、当時、同様の技術でしのぎを削っていた世界中の競合研究と比べても、認識率やリアルタイム性に優れていたのです。

ガス流動の立体視計測装置
ガス流動の立体視計測装置
(出所:SUBARU)
[画像のクリックで拡大表示]

 おもしろい技術なので、他にも応用できないかと社内で議論を重ねました。例えば、ヘリコプターの着艦センサーとして使う、鉄道車両に取り付けて踏み切りを監視するといった案が出て、実際に一部は量産したり、事業性を評価したりしました。

 しかし、やはり自動車メーカーなのだから、安全性を高めるために使うのが筋ではないかと考えました。ステレオカメラを使って対向車や歩行者を含め、全てのものを認識すれば、ぶつからない車ができるはずだと。そして1990年ごろに先行開発チームが立ち上がったのです。

 当時はまだアイサイトとは呼ばず、「ADA」(アクティブ・ドライビング・アシスト)と呼んでいました。100万円以上する工場用の白黒CCDカメラを2台購入し、車内に左右離して設置し実験を開始しました。ノートPCなんて普及していない時代ですから、画像認識ユニットも手作りです。

 やがて、高速道路での実験走行を開始します。「前の車が見えた」「距離と速度が分かった」「前の車が車線変更したら、さらにその前の車の距離と速度が分かった」と機能を確認しながら開発を進めました。画像認識ユニットの小型化にはとても苦労しました。なんとか運転席のシートに収まる大きさまで小型化し、93年にADAの基本技術が完成したのです。

ADAのシステム概要(a)と実験走行の様子(b)
ADAのシステム概要(a)と実験走行の様子(b)
ADA開発初期の実験車両(a)。この当時はまだ画像認識ユニットが大きくトランクルームに収めていた。実験走行時の記録画面の右上に走行速度と前方車両との距離が表示されている(b)。(出所:SUBARU)
[画像のクリックで拡大表示]