PR

ヤマハ発動機のロボットシステム「Advanced Robotics Automation Platform」を開発した村松啓且氏(同社先進技術本部研究開発統括部長)は、今後の進化を加速させる技術としてAI(人工知能)を挙げる。制御プログラムの作成やティーチングなどこれまでロボット普及の妨げとなっていた作業が、AIによって大幅に自動化されるという未来を描く。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

日経電子版セット今なら2カ月無料