全4159文字
PR
写真:尾関祐治
写真:尾関祐治
[画像のクリックで拡大表示]

横浜ゴムが人工知能(AI)を活用したタイヤ開発を進めている。2021年にはゴムの物性やタイヤの特性をAIで予測できるシステムを構築した。電気自動車(EV)向けの静粛性に優れたタイヤの開発にもAIを生かしている。ただし、人が不要になったわけではない。AI活用を率いる小石正隆氏は「人のひらめきが組み合わさってこそ新材料など未踏領域を開拓できる」と語る。(聞き手は岩野 恵、木崎健太郎、吉田 勝)

 横浜ゴムは2020年10月に「HAICoLab(ハイコラボ)」というデジタル革新のためのAI利活用構想を発表しました。名称はHumans and AI collaborate for digital innovationを基にした造語で、「人とAIの協奏」が重要であると強調しています。当社はこれまでシミュレーション技術や、AIを使った材料開発技術であるマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用してきました。そうした先端技術と、人の発想力を組み合わせたイノベーションを目指しています。

「深化」と「探索」の両利き目指す

 イノベーションとは、そもそもなんでしょうか。私たちは「深化」と「探索」という2つのイノベーションがあると捉えています。深化は漸進的イノベーションと言われています。徐々に、なだらかに、連続的に改善していくようなイノベーションを意味しています。既存の情報や知識を使った改善が該当するでしょう。

 一方の探索は、急進的イノベーション、あるいは破壊的イノベーションと言えます。新規の情報や知識を使います。イノベーションと言うとこちらを指すことが多いでしょう。

 HAICoLabの出発点としては、AIで急進的イノベーションを狙えるのかという疑問がありました。AIはデータがあってこそ機能するものです。データのある領域とは、すでに私たちがいる領域になります。一方、急進的イノベーションは自分たちのいない新しい領域を、いかに開拓するかという話です。つまり、データがない未知の領域に踏み込むには、既存データを学習させたAIだけでは不十分ではないかと思ったのです。

 そこで考えたのが、シミュレーションや人の発想力の活用です。シミュレーション技術を使えば、新しいデータを生成できます。さらに人のひらめきも加われば、未踏領域になんとか踏み出せなるのではないかと思いました。