PR

RPAではエラー前提の準備が必須

 「(3)エラーを検知して処理を継続できるか」では、意図的にエラーを発生させてテストを行う。ロボットのエラー発生を利用者(現場で実業務にあたり、ロボットを操作する人)が検知できるかどうかを確認するためだ。また、ロボットの処理を停止させた箇所から実行を再開し、処理を継続できるかを確認する。

 ロボットの動作はPCのクライアント環境にシビアに依存する。ロボットは従来のシステムよりもずっと動作が停止する頻度が高い。例えば、Windows Updateやセキュリティソフトなどの動作が影響し、ロボットが停止したりする。PCのディスプレイ解像度の設定変更、ロボットが操作しているWebシステムの応答遅延といった原因で停止する場合もある。

 このような理由で業務を止めないため、ロボットの停止をリアルタイムに人が検知し、実行を継続できるようにしておく必要がある。これをテストで確認するため、意図的にエラーを発生させる。そして、エラーを検知したロボットが画面にエラーメッセージを表示させたり、エラーメールの送信をしたりするかを確認する。処理が停止した箇所からロボットを再実行させ、業務を継続し、遂行できるかを確認することも必要だ。

 意図的なエラーを発生させる際には、ロボットが停止する代表的は状況を想定する。具体的には「人為的ミス」「ロボット処理の追い越し」「他処理の割り込み」の大きく3つに分類できる。

エラーが発生する代表的なシチュエーション
「ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを指定のフォルダーに移動する」という作業をRPAで自動化した例
シチュエーションの分類内容
人為的ミスロボットが使うファイルを削除するといった誤操作があり、ロボットが動作を停止する
ロボ処理の追い越し操作対象のファイルのダウンロードが完了する前にフォルダーを移動する処理が動作して、ロボットが停止する
他処理の割り込みファイル移動の処理を行う前に、Windows Updateなどの処理が割り込んでロボットが停止する

 ファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを指定のフォルダーに移動するという操作をロボットで自動化したとする。人為的ミスとは、ロボットが使うファイルを人が誤操作で削除してしまうような状況を指す。ロボット処理の追い越しとは、操作対象のファイルのダウンロードが完了する前にロボットがフォルダーの移動処理をしてしまうようなことだ。他処理の割り込みは、ロボットがファイル移動の処理を行う前に、Windows Updateやセキュリティソフトなどの処理が割り込む状況を指している。

 これらの代表的な状況をテスト観点として蓄積し、それらが実業務において起こり得るかどうかを精査する。

筆者らが蓄積しているファイル操作に関するエラー発生パターン
No.操作/システム大分類操作/システム中分類操作/システム小分類異常系観点確認項目
1ファイル系共通操作ファイル解凍人為的ミス圧縮拡張子不一致圧縮拡張子の不一致により解凍できない場合の挙動の確認
2人為的ミスパスワードロックパスワードによる圧縮がされていた場合の解凍エラーの挙動の確認
3ファイル作成人為的ミス重複生成既に同名のファイルが存在している状態でファイル生成した場合の挙動の確認
4ファイル更新/保存人為的ミス操作中保存第三者がファイルを開いている状態で保存する際の挙動の確認
5人為的ミス同名保存既に同名のファイルが存在している状態での挙動の確認
6人為的ミス対象ファイル未存在削除するべき情報が存在しない場合の挙動の確認
7ファイル削除人為的ミス対象ファイル未存在削除対象のファイルがない場合の挙動の確認
8人為的ミス操作中削除第三者がファイルを開いている状態で削除する際の挙動の確認
9ファイルダウンロード人為的ミス重複ダウンロード一度ダウンロード済みで同ファイルを再度ダウンロードした際の挙動の確認
10ロボ処理の追い越しダウンロード遅延容量やPCの状態により、ダウンロードが遅延した場合の挙動の確認
11ポップアップアラート他処理割り込み他処理の割り込みWindows Updateなどの他処理が割り込む場合の挙動の確認

 エラーの検知後、ロボットが処理を継続して遂行できるかを検証する。ロボットの処理動作の停止後にロボットを再実行し、正常な操作の完了、期待値通りの結果となっていれば問題ない。

 今回紹介した3つのポイントや視点、テストのアプローチがRPA導入における品質保証のすべてではない。RPAを導入する企業やプロジェクト特性に応じて、テストの濃淡、QCDのバランスは変わってくる。これらは要件定義フェーズでテスト計画として検討する。

樋口 匡(ひぐち ただす)
SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 エンタープライズビジネスユニット金融第1グループ プリンシパル
西本 浩平(にしもと こうへい)
SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 エンタープライズビジネスユニット金融第1グループ マネージャー