全1553文字
PR

オープン勘定系も更新時期に

 そんなFLEXCUBEが再び、岐路を迎えている。FLEXCUBEのようなオープン環境で動作する勘定系パッケージが更新時期に来ているからだ。新生銀行はこの年末年始、FLEXCUBEを新バージョンに更新した。一方、じぶん銀行は2019~2020年にも、FLEXCUBEから日本ユニシスのオープン勘定系パッケージ「BANKSTAR」に乗り換える計画だ。

 今後も国内で異業種から銀行業に参入する事例が相次ぐとみられ、FLEXCUBEにも受注のチャンスはある。LINEはみずほフィナンシャルグループと組んで新銀行を設立する計画で、2020年の開業を目指す。新銀行はリテール向けのモバイル専業銀行として、スマートフォンを活用した少額の送金や融資サービスなどを提供するとみられる。

 国内の大手ITベンダー幹部は「2019年も銀行への新規参入計画がいくつも出てくるはずだ」と予想し、目ぼしい企業をリストアップして水面下で動向を探っている。日本ユニシスや富士通は勘定系システムをインターネット経由で提供する「クラウド勘定系」の開発を急いでおり、商談を勝ち取る武器を磨く。

 FLEXCUBEを提供するオラクルにとっては、既存顧客を死守するとともに、こうした新規参入組をいかに獲得していくかが勝負の分かれ目になる。その意味でも、新生銀行とじぶん銀行の決断はFLEXCUBEの将来に少なからぬ影響を与えそうで、局面を打開するための大胆な打ち手も必要かもしれない。