全1302文字

 特別授業の講師を務めたグリーの白井暁彦GREE VR Lab Directorは「VTubeの授業を通じてバーチャルを使った新しい表現の楽しさを学んでほしい」と授業の意図を説明する。バーチャルを使った表現方法により、これからの情報配信や芸術の形は変わるだろう。授業では初めて作成するVTubeに目を輝かせながら取り組む小学生の姿があった。

 YouTubeのような動画視聴サービスに慣れ親しんでいる小学生にも驚きがあったようだ。「簡単に作れて楽しい」といった声があちこちから上がり、試行錯誤しながらアバターを調節して表現方法を模索していた。おそらく生徒はVTubeといったバーチャル上で自分を表現する方法と、それを簡単に実現できる環境があるということが分かったはずだ。

特別授業の講師を務めるグリーの白井暁彦GREE VR Lab Director
特別授業の講師を務めるグリーの白井暁彦GREE VR Lab Director
[画像のクリックで拡大表示]

 IT技術の進化は著しい。人材を育てるには常に進化する最新IT技術に触れてもらい、そこからどんな新サービスを生み出せるのかを考える力が必要だ。同特別授業を手掛け、NHK教育テレビの高校講座で講師も務めている千葉大学の藤川大祐教育学部教授は「身近にあるIT技術を用いてイノベーション的なことを教えるアプローチがこれからの教育に必要だ」と話す。

 今後プログラミング的思考が重要になるのは当然である。だが闇雲にプログラミングを学ぶのではなく、まず身の回りにある最新技術に触れて従来とは異なる使い方や新たな活用方法を考えてみてはどうだろうか。