全2537文字
PR

 2020年春の商用化を控えた5G(第5世代移動通信システム)。その盛り上がりは、“世間”ではピークを迎えようとしているかに見える。通信事業者や開発企業は、低遅延や高速・大容量、多数接続といった特徴を持つ5Gが、社会にどんなインパクトをもたらすか、多くの展示会やイベントでアピールし、新聞などのメディアも連日報道している。

 例えば、自動車や工作機械、手術支援ロボットなどの遠隔操縦や、スポーツなどの多視点映像配信、VR(Virtual Reality)/AR(Augmented Reality)を用いた仕事と生活の変革などだ。これまで通信回線がネックになって実現できなかったさまざまな取り組みが、5Gによって可能になると大きな期待を寄せられている。

 しかし、過度な期待は禁物だ。今年の春以降、「5Gの現実」を思い知るユーザーが増えるだろう。まさに、5Gは米ガートナーが提唱するハイプ・サイクルで示される「ピーク期」から「幻滅期」へと移行するタイミングに重なることになる。

2019年の日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル
2019年の日本におけるテクノロジーのハイプ・サイクル
(出所:ガートナー・ジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者は5Gに期待していないというわけではない。長期的な視点に立てば、産業界を活性化するテクノロジーとして大いに期待している。しかし、上記のような新しい用途が、5Gの商用化後すぐに花開くとは思っていない。現在メディアで頻繁に取り上げられている5Gの活用事例は、正直に言えば、現時点では“夢物語”である場合も多い。

「低遅延な5G」に隠れた誤解

 例えば、遠隔操縦。これまでは、離れた場所との映像のやり取りに大きな遅延が生じるため遠隔での精密な操作が難しかったが、数ミリ秒という低遅延がウリの5Gなら実現できると一般には言われている。ただし、それが実現するのは数年以上先の話だ。なぜか。

 第1に、5Gで無線通信部分が低遅延化されても、その前後の映像処理部分での遅延は新しい技術を導入しないと削減されない。映像を高速にやり取りするためには映像圧縮や伝送システムにおける遅延を短縮する必要があり、映像符号化(エンコード)や復号化(デコード)部分の新たな処理技術が重要になる。4K/8Kのような高画質映像をやり取りするならなおさらだ。もしリアルタイムに送受信するなら、5G以外の部分での技術進化が求められる。

 第2に、5Gはインターネット上の遅延には関与できないこと。5Gは無線通信部分のみで、世界中をめぐるインターネット網の遅延時間は、実は無視できない。工場などでの活用が期待されるローカル5Gでは、サーバーなどを配置した自社ネットワーク内に限定して5Gを運用する場合も多くなるだろう。

 第3に、商用化したばかりの5Gは、その性能をフルに生かせる「スタンドアローン(SA)」形式ではないこと。初めは4Gの設備を使用してアドオンで5Gエリアを構築するノンスタンドアローン(NSA)形式で整備が進められるが、この段階ではスペック通りの低遅延や高速化は実現できない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料