全2537文字

 2020年春の商用化を控えた5G(第5世代移動通信システム)。その盛り上がりは、“世間”ではピークを迎えようとしているかに見える。しかし、過度な期待は禁物だ。今年の春以降、「5Gの現実」を思い知るユーザーが増えるだろう。筆者は、長期的な視点に立てば、産業界を活性化するテクノロジーとして大いに期待している。だが正直に言えば、現時点では“夢物語”である場合も多い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックのお薦め

さよならオフィス
開催中!「日経クロステック EXPO 2020」

開催中!「日経クロステック EXPO 2020」

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら