全1464文字

 トヨタ自動車がソフトウエア開発手法の刷新に乗り出した。世界で最もコスト効率が高いとされるハードウエア生産方式「トヨタ生産方式(TPS)」を、ソフトウエアの世界でも確立することを目指す。CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)を背景に、クルマにおけるソフトの重要性がかつてないほど高まっているからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【春割実施中】日経電子版セットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

日経クロステック 春割 日経電子版セット 2カ月無料