PR
全2865文字

 鹿島と竹中工務店、ライバル関係にあるスーパーゼネコン同士が、建設ロボットやIoT(モノのインターネット)技術の開発で異例の協業――。2020年1月30日の会見に出席した筆者は、大学で建築を学んでいた頃のたわいない「妄想」を思い出していた。もしスーパーゼネコン同士が合併したらどんな社名になるかという、言葉遊びのようなものである。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い