PR
全1981文字

 記者として取材を始めて30年以上が経過しているが、取材中にこれほどガン見された(じろじろ見られた)と感じたのは初めてだ。ただ残念ながら?ガン見されているのは、部屋の中で取材をしている記者ではない。部屋の外に駐められている自動車と、駐車スペースに面したドアの脇に設けられた小さな扉、いわゆる猫の扉に、前を通る人が熱い視線を送っているのだ。

新設の駐車スペースに駐められたクルマ
新設の駐車スペースに駐められたクルマ
その前方左にあるのが「猫の扉」のような小さい扉。ピンク色のクッション材の穴にはケーブルが通っている。日経クロステックが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都八王子市にあるJR八高線の北八王子駅近くには、多数のメーカーが施設を構えている。そのうちの1社が米Keysight Technologiesの日本法人であるキーサイト・テクノロジー。同社の施設は北八王子駅の東側すぐの場所に位置する。玄関前には訪問者向けの駐車スペースが複数設けられている。この駐車スペースは車路を挟んで、建物の反対側にある。

 一方、ガン見対象の駐車スペースは、昨年下期に、建物側にある芝生に新設されたものだ。芝生はそのままで、駐車スペースの境界を表わす白いブロックと、黄色い車止めが設置された。どちらもそれほど目立たないので、少し離れたところからだと、芝生に自動車が止まっているように見える。これがガン見された理由の1つと思われる。

新設の駐車スペース
新設の駐車スペース
1台分だけ設けられた。キーサイト・テクノロジーが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つのガン見対象である猫の扉は、取材した部屋から、芝生の駐車スペースへ出るドアの脇にある。その扉は普段は閉じられている。取材の際には、その扉が開けられて、ピンクのドーナツ状のクッション材の中心には太いケーブルが通されていた。この状態を初めてみる従業員は多いはずだ。この記事のタイトルの答えは、猫のための扉ではなく、「ケーブルを通すための扉」なのだ。

「猫の扉」は人が出入りするドアとは別に設けられている
「猫の扉」は人が出入りするドアとは別に設けられている
ピンクのクッション材はケーブルの保護用。日経クロステックが撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い