全2596文字

 異業種の電子部品の流用に関する対照的な事例があった。1つは「H3ロケット」。2021年度の初号機打ち上げを目標に開発が進む日本の次期基幹ロケットだが、低コスト化を目的に自動車用部品を多数採用している。もう1つは、米Tesla(テスラ)の電気自動車(EV)のリコール。同社が米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)からリコール実施を求められた不具合の原因がタブレット端末などの民生機器向け部品を流用したせいだと分かった。

宇宙での放射線耐性に強い部品を選択

 H3ロケットではアビオニクス(電子機器)で使用する電子部品は個数の9割を自動車用部品から採用した。従来は宇宙用に開発・製造され、認定も受けた信頼性が高い部品を使っていたが、どうしても高コストになる。同等性能の他の民生部品と比較して、2桁以上、場合によってはそれ以上の価格になる。さらに、電子部品そのものへの新技術の適用も遅れがちという課題があった。

 そこで目を付けたのが、大量生産によって低コスト化している自動車用部品の採用だ。単に価格が低いだけでなく、近年は振動や温度といった環境に対する耐久性も高まってきている背景がある。ただし、宇宙機で使うには自動車では求められない特性も必要だ。それが、耐放射線特性である。強い放射線環境下でも故障せずに正常に動作しなくてはいけない。

 JAXAらはH3への自動車用電子部品の採用にあたり、部品メーカーが大量生産している部品のラインアップから宇宙でも使える放射線に強い部品を選ぶという対応をした。日本では20年以上前から、自動車用部品を宇宙用に転用する研究を始めており、基礎的なデータを蓄積してきた。経済産業省が2003年と2010年に打ち上げた、宇宙空間で自動車用電子部品の動作試験を行う衛星「SERVIS」もその一環である。

自動車用電子部品の動作試験を行う衛星「SERVIS」
自動車用電子部品の動作試験を行う衛星「SERVIS」
[画像のクリックで拡大表示]

 こうして、基本的に自動車で使われる部品と全く同じ部品がH3ロケットに搭載される。その部品(型番)が耐放射線特性に優れているかどうかという選択はしているが、宇宙機向けに開発するというプロセスは経ていない。納入部品の受け入れ時に検査して取捨選択することもほとんどないという。

タブレット用の部品を流用して寿命不足に

 一方、テスラがNHTSAからリコールの実施を求められたのは、同社が18年初頭までに製造した、高級セダン「Model S」の12~18年モデルと高級SUV(多目的スポーツ車)「Model X」の16~18年モデルである。合計で約15万8000万台のリコールだ。電子部品の寿命が原因で、ADAS(先進運転支援システム)のほか、バックモニター用カメラや空調システム(HVAC)などの不具合につながるとしている。