全2188文字
PR

 アートの展示空間がある新しい建物を訪ねると、アートから見ようか建物から見ようか、つい迷ってしまう。理想をいえば、両方同時に楽しみたい。アート好きである建築メディアの記者としては、そうした場所を探したくなる。

 今回、記者が訪問したのは、アートギャラリーのイメージがあまりない、千葉県船橋市の西船橋エリアだ。車が行き交う幹線道路の千葉街道(国道14号)沿いに突如として、黒っぽい瓦で覆われた地上3階建ての建物が出現する。アートギャラリー「Kanda&Oliveira」だ。2022年2月23日からオープニングの展覧会「NISHIJI COLLECTION(西治コレクション)」が始まったので、早速初日に行ってきた。

千葉県船橋市で2022年2月23日にオープンしたアートギャラリー「Kanda&Oliveira」(写真:日経クロステック)
千葉県船橋市で2022年2月23日にオープンしたアートギャラリー「Kanda&Oliveira」(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
細長い敷地に地上3階建ての建物が立つ(写真:日経クロステック)
細長い敷地に地上3階建ての建物が立つ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 建て主はコレクションを保有する不動産会社の西治(東京・千代田)で、設計は小室舞氏が代表を務めるKOMPAS(東京・中央)が手掛けた。30代の小室氏は、スイスのヘルツォーク・アンド・ド・ムーロン(H&deM)に約9年勤務した後、18年に香港と東京でKOMPASを設立した若手の注目株だ。H&deM時代には香港の美術館「M+」に関わって名を挙げた。

 独立した今も、コロナ禍ではあるが、日本と香港を行き来する生活を送っている。独立してすぐに今回の設計を始めたので、設計開始時期でいえば、小室氏の新築プロジェクト第1号になる。施工は青木工務店が手掛けた。

 建物には複数の展示室があるが、目玉は3階の白い大部屋だ。ただし、美術館によくある閉じたホワイトキューブではない。南から北に向かって低くなっていく、のこぎり屋根の3つの大きなトップライトから、北側の自然光が部屋に差し込む。だから室内はとても明るい。

3階の展示室(写真:日経クロステック)
3階の展示室(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
のこぎり屋根の北側トップライトから自然光が差し込む(写真:日経クロステック)
のこぎり屋根の北側トップライトから自然光が差し込む(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
建物の北側には山野浅間神社の緑が広がり、遮るものがない(写真:日経クロステック)
建物の北側には山野浅間神社の緑が広がり、遮るものがない(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
北側上空から見た建物。南から北に向かってのこぎり屋根が低くなっていく(写真:Vincent Hecht)
北側上空から見た建物。南から北に向かってのこぎり屋根が低くなっていく(写真:Vincent Hecht)
[画像のクリックで拡大表示]
建物の断面図(資料:KOMPAS)
建物の断面図(資料:KOMPAS)
[画像のクリックで拡大表示]

 こんな部屋でアートを鑑賞できるのは、ぜいたくなことだ。会期初日が快晴で、本当に良かった。普通は作品を守るため、自然光の入射をカットする。

 室内ではトップライトをはじめ、至る所で木材が目に入ってくる。小室氏に聞いてみると、この建物は1階が鉄筋コンクリート(RC)造、2~3階が木造の混構造である。3階の展示室は木造部分に位置していた。

 2~3階では木の現しに目が行く。建物の中央に位置する半屋外のギャラリーテラスには、木材が外部にそのまま露出している部分もある。自然とこの場所には、来場者が集まってくる。

地上からギャラリーテラスを見上げたところ(写真:日経クロステック)
地上からギャラリーテラスを見上げたところ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
階段で1~3階がつながるギャラリーテラスには人が集まってくる(写真:日経クロステック)
階段で1~3階がつながるギャラリーテラスには人が集まってくる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
左が、ギャラリーのファウンダー兼ディレクターで、西治の代表取締役である神田雄亮氏。右が、設計者の小室舞氏(写真:日経クロステック)
左が、ギャラリーのファウンダー兼ディレクターで、西治の代表取締役である神田雄亮氏。右が、設計者の小室舞氏(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
ギャラリーテラスの木の柱や梁(はり)は外部に露出している(写真:日経クロステック)
ギャラリーテラスの木の柱や梁(はり)は外部に露出している(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 建物の外装には、千葉の海風による塩害に強い黒いぶし瓦を使っており、重厚な印象を受ける。聞けば、かつてこの場所には蔵があったそうで、その瓦屋根の記憶を継承した意匠にしている。このいぶし瓦は兵庫県・淡路島産の特注品。しかも設置向きを変えるだけで、閉じた外装にも開口部のルーバーにもなる優れものだ。

塩害に強い特注の黒いぶし瓦。設置向きを変えると、閉じた外装にも開口部のルーバーにもなる(写真:日経クロステック)
塩害に強い特注の黒いぶし瓦。設置向きを変えると、閉じた外装にも開口部のルーバーにもなる(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]