全7120文字

 2021年は半導体業界にとってウハウハの年だった。半導体の世界市場は前年比26.2%成長し、初めて5000億米ドルを超えて5559億米ドル(約63兆8000億円)に達した*1。その中で米Intel(インテル)の売上高は前年比1%増の747億米ドル(約8兆6000億円:Non-GAAPベース)にとどまり ニュースリリース 、大手半導体メーカーの中で一人負けだった。このような厳しい状況の中、CEOのPat Gelsinger氏が、22年2月17日(現地時間)に開いた投資家向け会議「Investor Meeting 2022」 プレスキット において、26年に2桁成長(前年比10~12%増の売上高)を達成するという決意を述べた。同氏と幹部は、それが絵空事でないことの証(あかし)として、26年までの製品や技術のロードマップを見せた。今後、成長が見込めるのは、データセンター関連、事業者向けネットワーク関連、グラフィックス関連とした。いずれも、今後盛り上がりが期待されるメタバースで重要となる要素である。一方で、PC関連は1桁の低成長を見込む。

関連記事 *1 売上高も出荷個数も過去最高、21年の半導体世界市場
投資家向け会議「Investor Meeting 2022」のQ&Aセッションで壇上に並んだIntelの幹部
投資家向け会議「Investor Meeting 2022」のQ&Aセッションで壇上に並んだIntelの幹部
壇上中央にPat Gelsinger氏が見える。(出所:Investor Meeting 2022のビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Gelsinger氏は、新規プロセスの開発遅れで精彩を欠いていたIntel復活の期待を一身に背負って、約1年前の21年2月15日にCEOに就任した。その約1カ月後の3月23日に新しい製造戦略「IDM 2.0」を発表したことを皮切りに、技術や製品のロードマップを積極的に見せてきた。今回は投資家向け会議ということで、業績に直結する数字も示した。例えば、売上高の成長率。22年は21年と同じ1%増だが、その後は5~9%増、そして26年には10~12%増と2桁成長するとした。

Gelsinger氏のCEO就任以来の節目となる発表
Gelsinger氏のCEO就任以来の節目となる発表
左端の「Unleashed」(プライベートイベントの略称、以下同)は21年3月に行われ、新製造戦略「IDM 2.0」を発表。その右の「Accelerated」は21年7月に開催され、製造プロセスロードマップを発表。その右の「Architecture Day」は21年8月に開催され、PC向けMPUの新製品「第12世代Coreプロセッサー」(開発コード名:Alder Lake)に適用した新技術などを発表。その右の「Innovation」は21年10月の開催で、第12世代Coreの第1弾製品が発表された。その右の「IEDM」はIntelのイベントではなく、半導体製造プロセスにフォーカスを合わせた国際学会であり、21年12月に開かれた。IEDMではMooreの法則が続くことなどをアピールした。右端が今回の投資家向け会議「Investor Meeting 2022」である。(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]
現在は売上高の伸び率は1~2%/年だが、26年には2桁(10~12%)増を目指す
現在は売上高の伸び率は1~2%/年だが、26年には2桁(10~12%)増を目指す
(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]

 「2桁成長を疑っている人もいるかもしれないが」と冗談とも本気ともいえる前置きをしてGelsinger氏は、それが達成できるという根拠を示した。ざっくりいうと、半導体の需要は今後も旺盛で、30年までに半導体世界市場は現在の2倍の1兆米ドル(約114兆円)を超える。この成長軌道に乗ることができる製造と製品の力をIntelは持っているとした。その後、複数のロードマップを同氏と幹部が示した。

21年に5559億米ドル(約63兆8000億円)だった半導体の世界市場は、30年までに約2倍の1兆米ドル(約114兆円)を超えるという
21年に5559億米ドル(約63兆8000億円)だった半導体の世界市場は、30年までに約2倍の1兆米ドル(約114兆円)を超えるという
(出所:Intel)
[画像のクリックで拡大表示]