全1767文字

 「これから必要な教科は、国・数・英・理・社・プ」――。少し前だが、電車の中でこんな会話を立ち聞きしてしまった。おそらく親同士が子どもの教育について話していたのだろう。前半5つの教科は理解できたが、最後の「プ」だけはすぐに思い浮かばなかった。

 考えてみると「プ」はプログラミングのことであろう。2020年度から全ての小学校でプログラミング教育が必修化され、2025年度の大学入学共通テストには「情報」の科目が追加される予定だ。これから必要な教科になるのは間違いない。小学4年生の息子の同級生にはプログラミング教室に通う児童が増えている。実際に近所ではプログラミングを教える学習塾が増え、自宅のポストにはプログラミング塾の広告チラシが何枚も入る。

 だがプログラミング塾の月謝は高く、余裕がない中で続けるのは困難だ。幸いにも筆者は大学時代に情報学を学んだことがあった。この知見を利用すれば親でも教えられるのではと思い、いろいろな策を息子に施してきた。ところが何をやっても続かない。プログラミングの前にタイピングすらできなかった。プログラミングに興味はあるものの、できないことにいら立っているようだった。

 筆者は「プログラミング=コーディング」だと勘違いして、大学時代に学んだC言語を、一生懸命教えてしまった。息子は難しすぎて諦めてしまう。途中で投げ出してしまうのも当然だろう。人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を通じてプログラミングを学ぶ近所の学習塾に体験入塾もしたが、「内容がつまらない」と言われてしまった。体験入塾なので基礎の基礎から始めたが、本人にとっては逆に簡単すぎたらしい。

自宅に現れた救世主「ミニルンバ」

 プログラミングが続かない息子に何かできることはあるのか――。試行錯誤していると思いがけずいいアイデアが浮かんだ。それがミニルンバこと「Root rt1(ルート アールティーワン)」を使ってプログラミングを学んでみることである。ミニルンバは米アイロボット(iRobot)の日本法人であるアイロボットジャパンが提供するプログラミングロボットだ。同社のロボット掃除機「ルンバ」をモチーフにしている。

 ミニルンバを動かすには、PCやタブレットにインストールした専用アプリケーションでプログラムを組む。そのプログラムを実機にBluetoothで転送すれば、プログラム通りに走ったり、指定した色のLEDを光らせたり、音を奏でたりする。実機にプログラムを転送せずにアプリ上でロボットの動きをシミュレーションすることも可能だ。

ロボットプログラミングを楽しむ様子
ロボットプログラミングを楽しむ様子

 専用アプリの難易度は3段階。レベル1や2では、指示したい動作が書かれたブロックを組み合わせるビジュアルプログラミングを採用する。レベル3ではプログラミング言語「Python(パイソン)」で記述する。