全896文字
PR

 いったい何を考えているのか。外出自粛が叫ばれているこの時期に、「Go Toキャンペーン」とは――。

 2020年4月7日に閣議決定された緊急経済対策の中に、この言葉を見つけた時の正直な感想だ。

2020年度補正予算のPR資料から(資料:経済産業省)
2020年度補正予算のPR資料から(資料:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 Go Toキャンペーンとは、新型コロナウイルス感染症が収束した後、外出自粛で打撃を受けた観光やイベントなどの産業を救済するため、経済産業省や国土交通省などが展開する需要喚起事業だ。国はこの事業に20年度補正予算で1兆6794億円もの金額を計上した。国交省はさらに、観光基盤の整備などに予算158億円を盛り込んでいる。

 まずは感染の早期収束とともに、経済的なダメージを負っている人たちを今、救済することに予算を優先的に投じるべきだというのが大方の意見だろう。あまりの認識の違いにがく然とした。

 たとえ感染のピークが過ぎても、第2波、第3波が来る恐れがある。しばらくは慎重な対応が必要で、そう簡単に外出を促せないはずだ。案の定、Go Toキャンペーンはその後、メディアで取り上げられ、批判の的になっている。