全4614文字
PR

 時価総額で米NVIDIA(エヌビディア)の後じんを拝して久しい米Intel(インテル)。自前のx86アーキテクチャーに固執せずに、NVIDIAが優位に立つ製品に対抗する新たなプロセッサーを、2022年5月10日と11日にビジネス顧客に向けて開催したプライベートイベント「Intel Vision 2022」において、次々と発表した ニュースリリース 。中でも記者の眼を引いたのは、AI(人工知能)/機械学習の学習フェーズ向けのプロセッサー(図1)、クラウド/データセンターのMPUから各種処理をオフロードするプロセッサー(IPU:Infrastructure Processing Unit)、データセンター向けGPUカードの3つである。

図1 基調講演で学習用プロセッサー「Habana Gaudi2」を掲げる米Intel(インテル)のSandra L. Rivera氏(executive vice president and general manager of the Datacenter and AI Group:写真右)
図1 基調講演で学習用プロセッサー「Habana Gaudi2」を掲げる米Intel(インテル)のSandra L. Rivera氏(executive vice president and general manager of the Datacenter and AI Group:写真右)
左は進行役を務めた同社のChristoph Schell氏(executive vice president and chief commercial officer of the Sales, Marketing and Communications Group)である。(出所:Day 1の基調講演ビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 Intelは、21年3月23日(現地時間)に製造戦略「IDM 2.0」を発表した際に*1、自社の半導体プロセスにこだわらず、外部ファンドリーのプロセスも積極的に活用していくことを明言した。今回のIntel Vision 2022では、プロセッサーアーキテクチャーへのこだわりも捨てる姿勢が鮮明になった。なお、現在でも同社の主力製品であるMPU(マイクロプロセッサー)は、PC/クライアント向けの「Core」もサーバー/データセンター向けの「Xeon SP(Scalable Processor)」も同社独自のx86アーキテクチャー(IntelはIntel Architecture(IA)と呼ぶ)を採る。ここ数年は競合の米AMD(Advanced Micro Devices)からの追い上げを受けていることもあり、x86アーキテクチャープロセッサーの開発には手を抜けない。実際、今回のIntel Vision 2022では、ノートPC向けの新製品「第12世代インテルCore HX プロセッサー」*2を発売したことや、サーバー向けの新製品「第4世代 Xeon SP」(開発コード名:Sapphire Rapids)の出荷が始まったことが発表された(図2)。

*1 関連記事 Intel本気のファウンドリーは成功する? AMDのMPUを造る未来も *2 関連記事 Intelが最後の第12世代Core、ノートPC向けハイエンドのHX
図2 Rivera氏は基調講演で「第4世代 Xeon SP(Scalable Processor)」(開発コード名:Sapphire Rapids)のウエハーも紹介(写真右)
図2 Rivera氏は基調講演で「第4世代 Xeon SP(Scalable Processor)」(開発コード名:Sapphire Rapids)のウエハーも紹介(写真右)
同氏は、進行役のSchell氏(写真左)にこのウエハーを「My Baby」と冗談交じりに紹介しており、x86プロセッサーへの思い入れの強さを感じさせた。第4世代 Xeon SPは「Intel 7」プロセスで製造している。(出所:Day 1の基調講演ビデオからキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 x86アーキテクチャーのMPUの開発を続ける一方で、IntelはこのアーキテクチャーのMPUだけでは、サーバー/データセンターで複雑化するデータ処理をこなしきれないことを以前から認識し、異なるアーキテクチャーのプロセッサー(同社はXPUと呼ぶ)を組み合わせるヘテロジニアスコンピューティングが重要になると主張してきた*3。ヘテロジニアスコンピューティング実現に向けて、例えばFPGAメーカーの米Altera(アルテラ)を15年に、AI処理チップメーカーのイスラエルHabana Labs(ハバナラボス)を19年にそれぞれ買収したり、AMDからRaja M. Koduri氏(現在はIntelのexecutive vice president and general manager of the Accelerated Computing Systems and Graphics(AXG) Group)を引き抜いて新たなアーキテクチャー「Xe」を採る独自GPUの開発に乗り出したりした*4

*3 関連記事 ヘテロジニアスコンピューティング時代が到来、Mooreの法則だけでは立ち行かない *4 関連記事 Intelが単体GPUに22年ぶり再挑戦、第1弾はモバイルPC向け

 ただし、外部から取得した技術を製品に生かすには一定の時間がかかるもので、ヘテロジニアスコンピューティングの実現はそれほど簡単ではない。悪いことに、実現の足かせになる事態も発生した。Intelの7nm世代プロセスの開発遅れである。早々に米GlobalFoundries(グローバルファウンドリーズ)に見切りをつけて台湾TSMC(台湾積体電路製造)に乗り換えたAMDは、Intelに先んじて7nm世代プロセスで製造したx86アーキテクチャーMPUを市場投入した。Intelは屋台骨のx86アーキテクチャーMPUでの対応に力を割かねばならず、ヘテロジニアスコンピューティングの実現はさらに遅れることになった。

 こうしてIntelがもたついている間に、サーバー/データセンター分野で急速に勢力を増したのがNVIDIAである。例えばAIの学習処理では、NVIDIAのGPUが業界標準になっている。また、20年にはイスラエルMellanox Technologies(メラノックス テクノロジーズ)を買収し、IPU関連製品を手にいれた。なお、NVIDIAはIPUではなくDPU(Data Processing Unit)と呼んでいる。NVIDIAはIntelに先んじてDPUを市場投入しており*5、DPU対抗でIntelが打ち出した製品カテゴリー名がIPUである*6

*5 関連記事 「データセンターに不可欠」、NVIDIAが新プロセッサー「DPU」 *6 関連記事 Intelが新カテゴリーのプロセッサー「IPU」 NICでCPUの負荷軽減