全3575文字

 とにかく、下の写真を見てほしい。このプールと景色を見て「いいね!」と思った人は、新型コロナウイルスの問題が落ち着いてきたら、現地に遊びに行ってみてほしい。日本にありそうでなかった風景が大きなプールの下に広がっている。そのとき、あなたは水の中だ。

長辺が60mある、ホテルの最上階に位置するインフィニティプール。眼下に広がる緑は、国営昭和記念公園(写真:日経クロステック)
長辺が60mある、ホテルの最上階に位置するインフィニティプール。眼下に広がる緑は、国営昭和記念公園(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 ここはどこか。海外のリゾートホテルのようにも思えるが、そうではない。都心(新宿)から早ければ、電車で30分ほどで行ける、東京都立川市である。インフィニティプールは、2020年6月8日に立川にオープンしたばかりのホテル「SORANO HOTEL(ソラノホテル)」の地上11階にある。

 私は開業直後、真っ先にSORANO HOTELに行ってきた。緊急事態宣言が出てから約2カ月半に及んだ長い長い在宅勤務を経て、久しぶりの現場取材に私が選んだ施設がここだ。とにかく、インフィニティプールの出来栄えと眺めを見ておきたかった。近場では、なかなかお目にかかれないからだ。

 日中は6月とは思えない猛烈な暑さだったが、日が沈む時間帯は曇りがちでちょっと肌寒いくらいだった。それでも夕日を浴びる水際の直線は、まさにインフィニティプールそのもの。屋外プールに屋根はなく、空と水が直(じか)に交わる場所になっている。この光景はインパクトが大きい。

インフィニティプールの水際。直線の水面と立川の街並みが交差する不思議な取り合わせ(写真:日経クロステック)
インフィニティプールの水際。直線の水面と立川の街並みが交差する不思議な取り合わせ(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 SORANO HOTELは、20年4月に立川に誕生した大規模開発プロジェクト「GREEN SPRINGS(グリーン スプリングス)」の一角を占める。JR立川駅から、徒歩8分ほどの距離にある。建築主は地元の立飛ホールディングス(東京都立川市)で、ホテルはグループの立飛ホスピタリティマネジメントが運営している。GREEN SPRINGSの北側には、IKEAの立川店がある。

 私はこのプロジェクトをずっと注目してきた。目の前に昭和記念公園が広がる恵まれた立地にあり、ファミリー層を意識した美術館や遊び場、ショップ、レストランが立ち並ぶ。イベントホールもある。

 立川は子育て世代に人気の街だ。そこにどんな新街区が生まれるのか、気になっていた。率直な感想を言うと、パース(完成予想図)を見たときの印象よりも、はるかに居心地がいい街区になっていて驚いた。

 SORANO HOTELを含むGREEN SPRINGSの詳細は後日、「東京大改造」のコラムでお伝えするつもりだ。この記者の眼では、インフィニティプールに絞って記す。恐らく、インフィニティプールの写真を見れば、この場所に興味を持つ人が多いと思うからだ。

 プールで自撮りした、中年男子の写真をアップするのは恥ずかしい。しかし、ここは体を張って、眼下をのぞき込んだときの様子だけは載せておく。自撮りをしていたら、スマートフォンをプールに落としそうになった。

インフィニティプールの端から下をのぞき込む私。こぼれた水を受け止めるつくりになっている。落下防止の柵もある(写真:日経クロステック)
インフィニティプールの端から下をのぞき込む私。こぼれた水を受け止めるつくりになっている。落下防止の柵もある(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 私は高所恐怖症ではないが、だからといって高い所が得意というわけでもない。11階の高さはかなり多くの人が景色を楽しめる、ちょうどいいくらいの高さではないかと思った。タワーマンションでいえば、11階はまだ低いほうの住戸だろう。SORANO HOTELの最高高さは約50mなので、およそその高さからの眺めと思ってもらうといい。

 ちなみに、インフィニティプールの北側、透明の仕切りの向こう側は、子ども向けの水深が浅いエリアである。かなり広めにスペースを確保している。家族連れにはうれしいつくりだ。

透明の仕切りの向こうは、子ども向けの浅いプール。かなり広い(写真:日経クロステック)
透明の仕切りの向こうは、子ども向けの浅いプール。かなり広い(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 SORANO HOTELの内装デザインは、デザイナーのグエナエル・二コラ氏が代表を務めるキュリオシティ(東京都渋谷区)が担当している。街区施設の設計は山下設計・大林組設計JVおよび清水建設。監理は山下設計と清水建設。施工は大林組および清水建設・中島建設・中村建設JVである(ホテル棟は設計が山下設計・大林組設計JV、監理が山下設計、施工が大林組)。