全4210文字
PR

 IoT機器でよく問題となるのが、「電池」と「通信」だ。「トリリオンセンサー」のようなバラマキセンシングではなおさらだ。従来であれば、さらに「耐用年数」や「安全性」「精度」といった課題が加わり、センサーがなかなか実用化しないケースが多く見られた。最近ではIoTの概念やPoC(Proof of Concept)の考え方が広がった影響なのか、電池や通信の部分を割り切ったセンサーがちょくちょく登場している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

さよならオフィス
開催中!「日経クロステック EXPO 2020」

開催中!「日経クロステック EXPO 2020」

社会、産業、生活の"ニューノーマル”に迫る

「日経クロステック EXPO 2020」はオンライン開催。ウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、様々な講演、ソリューション紹介を展開します。人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。

事前登録はこちら

テレワーク大全 注意したい20の問題と解決法

テレワーク大全 注意したい20の問題と解決法

導入の基本から注意点、業務改革につなげる方法まで網羅

「社員が行方不明」「ハンコが押せない」――。3000人に調査した現在のテレワークの実態や、先進企業に学ぶ業務改革、ITツールの便利な活用法などを紹介。次代を担うビジネスパーソン必携の1冊。

『テレワーク大全』の詳細はこちら

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

本当に使えるDXプロジェクトの教科書

DXプロジェクトを成功に導く羅針盤!

本書は、複数企業のDXプロジェクトの運営を手掛けてきた筆者が、DXプロジェクトをうまく進めるためのノウハウを豊富な経験を基に解説します。

詳細はこちら