全1666文字
PR

 ルネサスエレクトロニクスのデザインイン(商談獲得)が好調だ。同社社長兼CEO(最高経営責任者)の柴田英利氏は2020年8月に開催した戦略説明会で、「上期(1~6月)の自動車向けの受注額が前年同期比でほぼ倍増し、通年目標の8割を占めた」と説明した。

オンラインで事業戦略を説明するルネサス社長兼CEOの柴田英利氏
オンラインで事業戦略を説明するルネサス社長兼CEOの柴田英利氏
(出所:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 「ホームラン級の大きな受注が入った」(同氏)という。自動車向けは1件当たりの規模が大きく、タイミングによって上下しやすい。とはいえ、ルネサスの車載SoC(System on Chip)はADAS(先進運転支援システム)市場を中心にシェアを伸ばしているという。

デザインインの進捗
デザインインの進捗
(出所:ルネサス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ADAS向けの車載SoCといえば、米Intel(インテル)傘下のイスラエルMobileye(モービルアイ)が圧倒的な強さを持つ(関連記事)。それにもかかわらず、ルネサスが商談を獲得できている背景として、柴田氏は「大手自動車メーカーが自前でソフトウエアを開発していること」を挙げた。

 例えば、ドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)は“ビークルOS”と呼ぶ独自のソフトウエア基盤を整備しており、ソフトの内製比率を現状の10%未満から2025年に60%に高める計画である。こうした企業にとって、ソフトとSoCをセットで販売するモービルアイの方針は受け入れにくいのかもしれない。一方、ルネサスはあくまで半導体のハードを売る事業モデルであり、ユーザーの要求にきめ細やかに対応する。