全1535文字

 筆者はこれまで「レベル3」以上の自動運転の実用化は、高速道路や自動車専用道路を除くと、大規模なリゾート施設や商業施設、公園内などの「私道」の方が、「一般道(公道)」よりも早くなるだろうと考えていました。

 ただ最近、その考えを変える出来事がありました。トヨタ自動車の自動運転EV(電気自動車)「e-Palette」の接触事故です。接触事故が起こったのは2021年8月26日。東京パラリンピックの選手村でした。交差点の横断歩道を渡ろうとした視覚障がいのある日本人柔道選手が、e-Paletteと接触しました。交差点に信号はありません。

e-Palette
トヨタ自動車の自動運転EV「e-Palette」
20年12月に公開した走行デモの様子(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタは同年8月30日、接触事故の状況と再発防止策を発表しました。このうち、事故の発生状況は以下のとおりです。

 「車両は交差点進入時に右折する際、交差点内の人を検知して停止した。その後、オペレーターが安全を確認した上で再発進させた。オペレーターは交差点周辺の状況を確認し、手動で減速を開始した。道路を横断してきた歩行者をセンサーが検知して自動ブレーキが作動、オペレーターも緊急ブレーキを作動させたが、車両が完全に停止する前に歩行者と接触した」

 一方、トヨタが発表した車両の再発防止策は、(1)加減速と停止を手動にして警告音の音量を上げる、(2)車両に乗るスタッフの人数を増やす、(3)交差点の誘導員を6人から20人強に増やし、車両を担当する人員と歩行者を担当する人員に分業化する──というものです。また「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、選手村の歩行環境や移動時のルールなどの周知に努める」としました。

 さらに、「信号のない交差点での安全確保は、歩行者やオペレーター、誘導員いずれか個人のみで確保できるものではなく、三位一体でやり方や仕組みの改善に取り組む必要があると判断した」とのことです。21年9月9日にオンライン開催した日本自動車工業会の会見で、会長の豊田章男氏(トヨタ社長)は「車両や歩行者、誘導員のいずれかに責任が属するものではない。運用の仕組みに問題があった」と述べました。

 こうしたトヨタの発表を受けて筆者がまず考えたのは、「そもそもe-Paletteは選手村内で、どのような環境で運行されていたのか」という点です。そこで参考になったのが、自動車ジャーナリストの岡崎五朗氏がYouTubeにアップした選手村におけるe-Paletteの走行シーンの動画でした。