全1653文字
PR

 コロナ禍で製造業のさまざまな業務がリモート化される中、機械加工の発注を支援するサービスが増えている。部品の3DデータをWeb上にアップロードすると見積もりを提示し、そのまま加工を請け負ってくれたり、加工工場を探してくれたりするサービスだ。

表 機械加工の受発注関連サービスの例
サービス名・企業名特徴
meviy3Dデータによる即時見積もりと加工受注
CADDi装置の部品製作と組み立てを一括受注
Kabuku Connect3Dデータ・2D図面による即時見積もりと加工受注
プロトラブズ3Dデータから数時間で見積もり、射出成形・切削部品を製造
ファクトリーエージェント部品の発注者と受注者を仲介
NTTコミュニケーションズなど類似部品検索などによる調達業務効率化、2021年内に開始
NTTドコモ発注企業に受注企業の複数候補を自動提示、2022年に開始
ゼロフォー板金部品を即時見積もり、3D-CADのアドインも提供
順不同(出所:日経ものづくり)

 ただし、各サービスの内容は多岐にわたり、対応する部品や加工の種類、支援する業務プロセス、提供形態は異なる。例えば、ミスミグループ本社(ミスミ)が2016年に開始した「meviy」がWebブラウザーから利用するサービスであるのに対し、IT企業のゼロフォー(神奈川県厚木市)の板金見積もりソフトウエア「iQ3-SW」は、3D-CAD「SOLIDWORKS」のアドインとして売り出している。

板金見積もりソフトウエア「iQ3-SW」の画面イメージ
板金見積もりソフトウエア「iQ3-SW」の画面イメージ
SOLIDWORKSの画面に表示された「見積もり実行」ボタンを押すと、そのまま価格が表示される。(出所:ゼロフォー)
[画像のクリックで拡大表示]

設計しながら価格が分かる

 3D-CADのアドインとして提供することで実現しているiQ3-SWの機能の中で筆者が便利だと感じたのは、設計者が3D-CADで部品形状をモデリングしながら、同じ画面上で見込み価格(加工コスト)を確認できる点だ。3DデータをWeb上にアップロードして見積もりするという作業をしなくて済むので、部品形状を変更しながら価格を抑える方法を検討しやすい。

 見積もりを取りつつ、加工業者とメールなどをやりとりしながら設計を改善する方法と比べると、効率は格段に上がる。製作個数に応じた価格変動も予測してくれるので、試作と量産でのコスト比較もやりやすそうだ。

 ゼロフォー代表取締役の石田浩太郎氏は、「調達部門が使ってもメリットがある」と説明する。例えば、月産1~2個しか生産しない製品だと、見積もりを受けてくれる加工業者が少なく、適正な価格を把握しにくい場合がある。そうした場合に参考価格を算出して、加工業者が出してきた見積もりが割高かどうかを見極めるツールとしても使えるというのだ。