全848文字

 衝突事故時に運転情報を記録する「イベント・データ・レコーダー(EDR)」。国土交通省は2022年7月、新型車から搭載を義務付ける。最大の目的は集めたデータをメーカーや地域を超えて広く共有し、車両の安全対策に役立てることにある。国交省は今回、搭載義務化に合わせてデータの記録項目を統一したが、EDRに記録したデータの読み出し方法までは標準化していない。読み出し方法まで標準化しないと、メーカーを超えてのデータ共有は容易ではない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い