全1797文字

 VR(仮想現実)技術は医学生を救うばかりではなく、教育の在り方そのものを変えてしまうかもしれない――。そう筆者が感じたのは、日本医科大学(日医大)とVR関連のスタートアップであるジョリーグッド(東京・中央)が取り組む、医学部4年生を対象としたVR臨床実習を取材したときのことだ(図1)。

図1 VRゴーグルを装着して実習に参加
[画像のクリックで拡大表示]
図1 VRゴーグルを装着して実習に参加
講義室奥のプロジェクターに表示されているのが、VRゴーグルの画面。髪形が崩れるためか、バンドの装着をしない学生も多かった(撮影:日経クロステック)

 病院などでの臨床実習は医師になるためには不可欠だ。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で実施が難しい状況にある。実施できた場合でも制限があり、十分に実地教育が受けられないことがほとんどだ。全日本医学生自治会連合(以下「医学連」)が2020年10月20日に発表した実態調査によれば、臨床実習に参加できた学生であっても回答者の半数以上が「病棟への立ち入りができなかった」という。

 日医大大学院医学研究科教授の横堀將司氏とVRシステムを開発するジョリーグッドは、VR臨床実習という形でこの課題の解決に向かっている。20年8月末、医学部4年生約60人を対象に実施したVR臨床実習では、ジョリーグッドが開発したVRライブ配信システム「オペクラウドVR」を用いて救急外来の現場をリアルタイム配信した(図2)。

図2 実習室の緊迫した空気もVR配信
[画像のクリックで拡大表示]
図2 実習室の緊迫した空気もVR配信
臨床の現場を360度カメラ(画像上部)でリアルタイム配信。現場には指導医に加えて、代表となった数人の医学生が患者への措置を進める(撮影:日経クロステック)

 仕組みはこうだ。まず実習室に置かれた救急患者を模した実習用人形の上部に、周囲を撮影できる360度カメラを設置する。360度カメラで撮影した映像を、設置した専用サーバーからWi-Fi経由で、医学生の装着する複数のVRゴーグルに診療の様子を伝送する(図3)。

図3 中国Shenzhen Arashi Vision(シンセン・アラシ・ビジョン)の「Insta360 Pro2」
[画像のクリックで拡大表示]
図3 中国Shenzhen Arashi Vision(シンセン・アラシ・ビジョン)の「Insta360 Pro2」
外形寸法は直径143mmで、8K映像でライブ配信できる(撮影:日経クロステック)

 VRゴーグルを着けることで、指導医の実際の動きを全方位映像で体験できる。医学生はVRゴーグルを通して臨床現場での医師の動きや、場の緊迫感に触れられる。それと同時に、自ら患者の症例を判断する。リアルタイム配信のため、VRゴーグルを外してPCを用いて患者の容体などをWebチャットで質問できる。VRで自由に観察できたこともあってか、参加した医学生は質問に積極的で、症例も見事に的中させていた。