全1746文字

 台風19号による浸水被害を受けて、各自治体が大雨による被害を想定して作成したハザードマップの有効性に改めて注目が集まっている。その一方で、情報伝達に多くの課題を指摘する声もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い


日経クロステックのお薦め

さよならオフィス
アーカイブ配信中!「日経クロステック EXPO 2020」

アーカイブ配信中!「日経クロステック EXPO 2020」

カンファレンスを見逃した方に

10/12~10/23まで開催した「日経クロステック EXPO 2020」のカンファレンスを再配信中です。見逃した方は「日経クロステック EXPO 2020」のサイトからご覧ください。出展社の資料や動画も見られます。

事前登録はこちら