全2871文字
PR

「内製化するには相当な覚悟が必要」

 そしてそのような企業であれば、せっかく雇用したエンジニアであってもすぐに離れるだろう。結果として誰も改修できないレガシーシステムが残り、「ほれみろ、やっぱり外注の方がよかった」と再び外注依存に戻る事態になりかねない。中途半端にやるくらいであれば、開発力が安定したITベンダーに外注し続けた方がいい。内製先進企業へと変貌を遂げた企業のIT部門長は異口同音に「内製化するには相当な覚悟が必要だ」と話す。

 そもそも内製化しようとすれば社内のハレーションは起こるし、ある程度システムトラブルも避けられない。それでも失敗を許容し、内製化に向け突き進められるか、本気で内製に取り組むのであれば経営層は不退転の覚悟が必要となる。

 ただ誤解を招かないためにお伝えすると、システム開発は「内製」「外注」のどちらか一択ではない。そもそも内製先進企業は何でもかんでも内製するのではなく、アウトソースをうまく使う。内製すべき領域をきちんと見極め、戦略的に社内のエンジニアリソースをそこに集中させている。競争領域ではなかったり、変化が少なかったりするシステムはむしろ積極的にアウトソースしたり、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)を活用したりしているのだ。ただし外注であってもシステム開発のイニシアチブ(主導権)を社内に持っていることは、内製巧者に例外なく共通する。

 繰り返しになるが、ユーザー企業が内製化に舵(かじ)を切る昨今の流れは非常に歓迎すべき動きだ。内製化はひとたびやり方を間違えるとコントロールがきかなくなり、パンドラの箱を開けてしまうリスクもある。ただ企業がデジタルを駆使して成長していくためには、濃淡あっても内製の動きは避けて通れない道だと記者は考えている。今後ユーザー企業が内製化のメリットをよく理解し取り組むことで、内製ブームが一過性のものとならないことを切に願う。これから数年の動きに注目したい。