全2136文字
PR

 「資格なんていらないよ。それよりも愚直に目の前の業務に取り組むべきだ」。記者が20代でITの現場にいた頃、SE歴の長い先輩社員から言われた言葉だ。SNS(交流サイト)でも「資格不要論」を度々目にしてきた。同じような状況に覚えのある読者も少なくないのではないか。

 特に先輩がやり玉に挙げたのは情報処理推進機構(IPA)が運営する基本情報技術者試験(FE)だ。IPA自ら「ITエンジニアの登竜門」を称するFEだが、合格していなくてもSEやプログラマー、プロジェクトマネジャーにさえなれる。IT業界には資格がなければできない独占業務は存在しないからだ。先輩の言うとおり、「FEなどいらない」のだろうか。IT業界での経験と記者として見聞きしてきた情報を基に考えてみた。

「基本情報なんていらない」は玉虫色の言葉

 まず意識しておくべきは、「FEなどいらない」は発言者の立場や状況により意味合いを変える、玉虫色の言葉だということだ。上司に取得を薦められ合格したが業務で役立てる機会がなかった人と、自身が過去に合格できなかったことからやっかみ混じりで否定する人とでは、発言の裏に隠れる思いは随分と違ったものになるはずだ。

「基本情報なんていらない」という言葉の裏にある意図は様々だ
「基本情報なんていらない」という言葉の裏にある意図は様々だ
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 発言者のレイヤーによっても意味合いは変わってくる。高度な専門性が求められる業務に就く人にとっては、「FE程度の知識」では役に立たないという意味を含むかもしれない。逆に知識や専門性を必要としない業務に単なる作業者として携わる人にとっても、この言葉は真実であろう。目の前の作業をこなすのに必要のない知識を使う機会がないからだ。

 ゆえにまずはその人がどういった立場で「いらない」と言っているのか、考えることが重要だ。自身が目標とするような人なのか、もしくは反面教師のような人なのか。年次はどうか、試験に合格した上での発言なのか。言葉の裏の思いについて考えてみることは、FEへの合格が自身にとっても不要なのか否か判断する上で有用な材料となるだろう。