全2891文字

 「伊能図」の完成から200年を経た今、その仕事を引き継ぐ歴史的なプロジェクトが始まる――。

 壮大なスケール感の映像が流れてきた。日本財団と日本水路協会が2022年10月24日に開いた「海の地図PROJECT」の発表会の冒頭だ。この時点で、筆者は肩身が狭くなるのを自覚し始めていた。

 伊能忠敬が中心になって日本全国を実測して作った「大日本沿海輿地(よち)全図」(伊能図)。精度の高い地図だが、「伊能の足でも測ることのできない場所があった」(日本財団と日本水路協会)。

 それが海だ。特に、「浅海域」と呼ばれる沿岸部分は“謎の空白地帯”と呼ばれ、誰も正確な地図を持たないという(図1)。海底地図の測量はこれまで、主に船から音波を海底に向けて発射し、その往復時間から水深を算出していた。しかし船は浅瀬に近づけず、人が海に入って測量するのも危険だ。このため、現状では日本の海岸線のうち2%弱しか、海底地形を把握できていない。

図1 浅海域は“謎の空白地帯”
図1 浅海域は“謎の空白地帯”
測量船で浅瀬に近づくと、座礁の危険がある。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

予算は総額で150億~200億円

 その空白地帯を埋めようとするのが、日本財団と日本水路協会による海の地図PROJECTである。日本全国の海岸に続く水深0~20mの浅海域を測量して海底地図を構築する。

 今後10年間をかけて、日本の総海岸線約3万5000kmの約90%の海底地図の整備を目指す(図2)。詳細な海底地形情報を把握し、水難事故の防止、津波や台風などから身を守るための防災・減災、ブルーカーボン(海の生態系で吸収される炭素)の促進、生態系の把握や保全、海洋ごみ問題対策など幅広い領域で活用していく方針である。

図2 海の地図PROJECTで構築する地図の例
図2 海の地図PROJECTで構築する地図の例
陸地から浅海域までの地形を切れ目なく把握できる。(出所:日本財団、日本水路協会)
[画像のクリックで拡大表示]

 「予算は総額で150億~200億円」(日本財団常務理事の海野光行氏)を見込む。そんな社会的意義のある大型プロジェクトの発表会に、筆者は趣味モードで参加してしまった。動機は、発表会の案内状を見て「釣りに使えそう」と思ってしまったこと。どうしてもこの手の衝動は抑えづらい。主業務である自動車業界の取材の合間に時間を捻出したとご理解いただきたい(社内連絡)。

 結論から言うと、「釣りにめちゃくちゃ使えそう」である。釣果アップにつながる未来が見えてきた。同時に、自分の身を守る上でも、詳細な海底地図の重要性を確認できた。趣味はしょせん遊び。命をかけてはいけない。