全1829文字

 ホンダとマツダが、2020年に欧州でEVを発売する。ともに1充電当たりの航続距離が約200kmと短く、商品力は低い。自動車ジャーナリストやアナリストは、「売れない」と見る向きが大勢だ。2社はなぜ、時流に乗り遅れた航続距離の短いEVを開発したのか。「売れると困る」のが本音に映る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い