全1605文字

 マツダが2019年12月5日、日本市場向けのパワートレーンのラインアップに新開発エンジン「SKYACTIV-X2.0」を追加した新型ハッチバック車/セダン「MAZDA3」。そのエンジンは、ガソリンエンジンの伸びの良さとディーゼルエンジンのパワーを兼ね備える“革新”エンジンという触れ込みです。具体的には、ガソリンを燃料に使いながら圧縮着火を可能とした「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」方式を採用する同社独自のエンジンです。

 先日、その革新エンジン搭載車(排気量2.0L)と、既存のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D1.8」搭載車(同1.8L)、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G2.0」搭載車(同2.0L)を乗り比べてきました(図1~3)。

図1 試乗した「SKYACTIV-X2.0」搭載のハッチバック車「MAZDA3」
図1 試乗した「SKYACTIV-X2.0」搭載のハッチバック車「MAZDA3」
6速AT(自動変速機)のFF(前部エンジン、前輪駆動)車。グレードは「X Lパッケージ」。車両本体価格は338万463円、オプションを含めて合計価格は354万4343円。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 試乗したX2.0搭載車(6速AT、FF車)のエンジンルーム
図2 試乗したX2.0搭載車(6速AT、FF車)のエンジンルーム
一度暖まったエンジンの温度を外に逃がさないためと、吸音のために、エンジンをカプセルと呼ぶ吸音材で覆っている。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 カプセル無しの状態のSKYACTIV-X2.0
図3 カプセル無しの状態のSKYACTIV-X2.0
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回試乗したのは、いずれもハッチバック車で、X2.0搭載車のみ6速MT(手動変速機)と6速AT(自動変速機)の1台ずつ。それ以外は6速ATです。また、6速MTのX2.0搭載車とD1.8搭載車は4WD(四輪駆動)、それ以外はFF(前部エンジン、前輪駆動)です。また、X2.0搭載車のみ簡易ハイブリッド車(MHEV)で、それ以外は純粋な内燃機関(ICE)車です。

 試乗コースは、6速ATのX2.0搭載車が、有料道路である「伊豆スカイライン」の熱海峠から亀石峠料金所の区間を含む十国峠から日本サイクルスポーツセンター(静岡県伊豆市)の往復。それ以外が、伊豆スカイラインの熱海峠から玄岳インターチェンジ(IC)の区間を含む十国峠から玄岳ICの往復です。どちらも起伏に富みカーブも多いコースです。