全2312文字
PR

 この1年間で知名度が上がったIT機器の1つは自動翻訳機だろう。MM総研が2019年12月10日に発表した「音声翻訳専用機」の世界出荷台数調査結果によると、2019年12月までの世界累計出荷見込みは230万台。2017年12月末の25.8万台から9倍と、市場は急拡大中だという。

 小型翻訳機の多くは小型画面とマイク、スピーカー、ボタン、通信機能を搭載。ボタンを押しながら話した内容をクラウドの翻訳エンジンを使って訳し、結果をスピーカーから読み上げ画面に表示する。製品によって機能差があり、例えば通信不可の場所でも使えるオフライン翻訳や、カメラを内蔵し写した文字を訳すカメラ翻訳に対応する製品がある。

「文字起こしのクラウドサービス」を使える

 製品は最近も増加傾向にあり、12月にはソースネクストが「ポケトークS」、キングジムが「ワールドスピーク」HYP10を発売した。そうした最近の製品の中で個人的に気になったのは、パルスを総代理店として日本市場に本格参入した中国ランゴーゴーテクノロジー(Langogo Technology)の「Langogo Genesis」だ。11月から順次販売を開始している。筆者は先日購入して使い始めた。

 最初に言っておくと、多くの翻訳機が持つ音声翻訳機能は普通に使える。かつ使いやすい部類に入る。多くの翻訳機はボタンが2つあり押し分けることで訳す言語を指定するが、Langogo Genesisのボタンは1つ。押して話せば指定した2言語のうちどちらであるかを自動認識する。

中国ランゴーゴーテクノロジーの「Langogo Genesis」
中国ランゴーゴーテクノロジーの「Langogo Genesis」
[画像のクリックで拡大表示]

 Langogo Genesisで、個人的に気になった機能が2つある。1つは「スマートレコーディング」機能だ。本体に向かって話すと録音データと文字起こしをしたテキストが作られてLangogoのクラウドにアップロードされる機能で、日本語の文字起こしにも対応している。製品には利用時間と有効期間が設けられた無料利用分が付いており、それらを超えると有料になるはずだ(筆者が購入したLangogo Genesisは、今は無料で使えている)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料