全3491文字

 「ハイ、メルセデス。なんかちょっと暑っちぃなぁ」「24℃にします」――。運転者がクルマとこんなやりとりをするコミカルなテレビCMが一時期話題になったのは、読者の皆さんも記憶に新しいだろう。2019年を振り返ると、対話型のAI(人工知能)を活用した車載用インフォテイメントシステムが広がり始めたことは、大きなニュースの1つと言える(図1)。運転者が会話をするように音声で機器を操作する様子は強いインパクトをユーザーに与えた。

 この対話型AIの搭載は単なるブームで終わらないと筆者は見る。自動車メーカーの巨人、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen:VW)が、大衆車に相当する車種での搭載に踏み切ったからだ。2020年以降、一気にユーザーへ浸透する可能性が出てきた。

BMWに搭載した対話型AIの画面。(撮影:日経Automotive)
BMWに搭載した対話型AIの画面。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 対話型AIをクルマに搭載する動向は、欧州の自動車メーカーで活発だ。日本の市場で見ると、2018年10月にドイツのメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)が発売した小型ハッチバック「Aクラス」や、2019年1月にドイツBMWが発売したセダン「3シリーズ」などがけん引役となり、対話型AIのインフォテイメントシステムの認知度が上がった(図2、3)。一部オプションでの扱いもあるが、メルセデス・ベンツ、BMWともに、搭載車種を増やしている。

対話型AIを搭載したメルセデス・ベンツのハッチバック「Aクラス」。(出所:メルセデス・ベンツ)
対話型AIを搭載したメルセデス・ベンツのハッチバック「Aクラス」。(出所:メルセデス・ベンツ)
[画像のクリックで拡大表示]
対話型AIを搭載したBMWのセダン「3シリーズ」。(出所:BMW)
対話型AIを搭載したBMWのセダン「3シリーズ」。(出所:BMW)
[画像のクリックで拡大表示]

 特にユーザーの関心を高めるきっかけとなったのが、前述した、メルセデス・ベンツのテレビCMだ。人気声優を採用したこともあってか、クルマと会話をするかのように、エアコンや室内のイルミネーションの操作ができることが話題となった。同CMが功を奏し、「“ハイ、メルセデス”のクルマはありますか」と販売店にやって来る顧客も出てくるほど認知度が上がったという。

 そのタイミングを見計らっていたかのように、VWが動いた。2019年12月からドイツ本国で販売を開始した新型の「ゴルフ」で対話型AIを搭載(図4)。メルセデス・ベンツやBMWと同様に、会話するようにクルマの機器を操作できるようにした。

フォルクスワーゲンの主力車種で8代目に当たる、新型「ゴルフ」。(出所:フォルクスワーゲン)
フォルクスワーゲンの主力車種で8代目に当たる、新型「ゴルフ」。(出所:フォルクスワーゲン)
[画像のクリックで拡大表示]
新型「ゴルフ」のインパネ。ドイツで発表されたフォルクスワーゲンの資料によると、対話型AIを搭載するモデルがあるという。(出所:フォルクスワーゲン)
新型「ゴルフ」のインパネ。ドイツで発表されたフォルクスワーゲンの資料によると、対話型AIを搭載するモデルがあるという。(出所:フォルクスワーゲン)
[画像のクリックで拡大表示]

 VWが対話型AIを搭載したインパクトは大きい。世界レベルで見ると、同社のゴルフはメルセデス・ベンツやBMWと違い大衆者向けの車種として人気を集めている。その車種に搭載したということは、多くのユーザーが認知する機会が一気に高まるということに他ならないからだ。

 日本の市場ではVWのゴルフは輸入車という位置付けのため大衆車ほどのインパクトはないものの、認知を広めるきっかけになるだろう。新型ゴルフの日本への導入予定はまだ決まっていないが、2020年中に市場へ投入される可能性が高い。となれば、日本でも対話型AIが再び話題になることは避けられない。

 「これからの最新のクルマには、対話型AIが搭載されていて当たり前」という認識がユーザーに広がる可能性もあり得る。