高可用性システムでは、稼働系サーバーに障害が起こったら待機系に素早く切り換える「フェイルオーバー」の仕組みを整えるのが一般的だ。こうした冗長化がコンテナ技術で不要になる可能性が出てきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い